当日中に現金が必要な場合は即日融資のカードローンを利用する

当日中に現金が必要な場合は即日融資のカードローンを利用する

当日中に現金が必要!そんなときもありますよね。TVCMで馴染み深いものとなったカードローンやキャッシングは即日融資が可能となっており、そのようなニーズに応える金融商品となりました。

 

しかしながら、現金が必要となったときに即日でお金を借りるためには、申し込み時間や申込方法を意識する必要があります。というのも土日や平日、申し込み時間によって即日融資の条件が異なるからです。

 

カードローンの申し込みには「WEB・店舗・自動契約機・FAX・郵送」などの種類があります。原則として即日融資を受けるためにはWEB、自動契約機での申し込みが必須です。融資を受ける方法は「銀行振込」「カード発行」「郵送」の3種類があります。即日融資を受けるには「銀行振込」または「カード発行」を選んでくださいね。

 

まず申込方法に関してはどちらであっても大きな影響はありません。インターネットバンクを利用すれば、手続きが簡略化されるケースもあるので、現金を手にするまでの時間を短くすることができるでしょう。頭に入れておかなければいけないのは、融資方法です。

 

銀行振込の場合は、銀行が営業している平日の14時までに手続きを済ませなければいけません。それ以降に審査が完了しても、振込ができないため即日融資を受けられないというわけです。

 

また土日祝日も同様で銀行が空いていないため、融資を受けることができません。振込で融資を受けたいのなら午前中に手続きを完了させることが賢明です。

 

審査がスムーズに行くとは限りませんし、申し込みの件数が多ければ審査完了まで時間がかかってしまいます。他の要因を考えれば、できるだけ早い時間に申し込みを済ませる方がよいでしょう。

 

ネット申込なら24時間対応しているので、夜間や早朝にも手続きは可能です。スマートフォンからいつでもどこでも申込できるのでお金が必要な状況に合わせて手続きを進めるのがおすすめとなっています。移動中や仕事のちょっとした休憩時間にも手続きができるのは魅力です。当日中に現金を用意したいときにもすぐに手続きができるのは精神的にも助かりますよね。

 

カード発行の場合は振込と比べてかなり時間的に余裕があります。平日や土日を問わずに21時頃までカードを受け取ることができるでしょう。事前にweb申し込みを済ませておき、仕事終わりや空いた時間に契約機でカードを受け取ることも可能です。

 

今すぐお金が必要な時でも事前対応を済ませておけばより確実にお金を借りることができるできますよ。ちなみにカード発行の方法は郵送とローン契約機での受取との2種類がありますが、前者を選んだ場合は手元にカードが届くため数日間かかるので注意してください。自動契約機を全国に設置しているのは、大手のキャッシング会社です。

 

三井住友銀行カードローンや新生銀行カードローンレイクといった銀行系を始め、プロミス、アイフル、アコム、モビットといった大手消費者金融が契約機を設置しています。営業時間はそれぞれ異なりますが原則として21時頃までが営業時間です。

 

当日中に現金が必要な時は、申し込み時間や曜日に合わせて方法を選ぶようにしましょう。カードローンを使って当日中にお金を借りたい時には消費者金融系のカードローンがオススメです。

 

審査時間も短く、融資まで最短1時間となっているんで、当日中に融資を受けたいときも問題ありません。当日中に借りられることに加えて、無利息サービスもあるので銀行カードローンよりも少ない負担でお金を借りることができます。手元に現金がないときでもすぐに工面することが可能です。

 

キャッシングサービスの魅力的なところはカードを手に入れてしまえさえすれば、現金をすぐに引き出せることです。時間を守っていれば当日中に借りることも難しくありませんし、最近のサービスは法整備も進み、安心安全に借りられる環境が整っています。

 

高額融資を受けたい!という方は銀行系のカードローンもオススメです。総量規制対象外となっているため、専業主婦でも借りられますし、三井住友銀行カードローンやレイクなどの大手なら当日中に借りることができます。低金利で借りられるので、返済総額を安く抑えることが可能。現金を当日中に準備しないといけないときでもある程度の金額を工面することができますよ。

 

現金を手に入れる方法はカードローンだけでなく、携帯払いを使った現金化も一つの手段としてはあります。

 

会社によっては当日中にお金を用意することができますが、金利が非常に高く、手数料の負担もカードローンと比べものにならないほど高いのでお勧めできません。

 

審査が不安という方もおられますが、過去に延滞の経歴がなければ審査に通る可能性は十分あります。他社借入がある場合でも金額が高額でなければ、キャッシングすることができます。

 

ただし専業主婦がお金を借りたいときには、消費者金融から借りることができません。総量規制という法律があるので現金を融資する場合は頭に入れておきましょう。年収の1/3までしか借りられないので注意が必要です。

 

ちなみに銀行系は総量規制対象外となるため年収による制限を受けません。しかしいくらでも借りられるわけではなく、審査を経て限度額が決定します。年収の1/3程度が目安となるので、その程度なら借りられることを目安として利用するようにしましょう。上手に活用してお金のやりくりに役立ててくださいね。